Expancel®│熱膨張マイクロカプセルの特徴

Expancelの主な特徴

Expancelとは、熱可塑性樹脂を外殻とする熱膨張マイクロカプセルで、アクリルやPVDC等のコポリマーを外殻成分としています。膨張後の真密度は0.03g/cm3、平均粒子径は40μmで、しかもこの外殻の厚さが0.1μmと薄いので、ビニール風船のようなかなり特殊な性質を持っています。

Expancelの効果

軽量化、嵩増し、ノンスリップ、意匠性や表面改質(艶消し、マット調仕上げ)、遮熱・断熱、結露防止、多孔質化、衝撃吸収、弾力性向上、揺変性、疎水性、収縮防止、空隙充填材、切削性・研磨性向上、剥離、音響改善、凍害防止など多数ございます。

Expancel WU・DUの用途

Expancelマイクロスフェア―を使った熱可塑性樹脂の使用例
  • 発泡インキ・立体印刷
  • 表面改質・合成皮革
  • 熱可塑性樹脂の発泡成形(汎用樹脂)
    押出し、射出、ブロー、インフレーション成形など
  • 発泡ゴム:合成ゴム、天然ゴム
  • 紙・合成紙の軽量化、剛性・断熱性の向上
  • ノンスリップ材
  • 軽量充填材

Expancel WE・DEの用途

  • シーリング剤:建築用・自動車用
  • 建築用パテ、自動車用補修パテ
  • 遮熱塗料、反射塗料
  • 熱硬化樹脂の軽量化
    樹脂:エポキシ、ポリウレタン、ポリエステルなど
  • 軽量粘土
  • セラミックスの造孔材
  • コンクリート、モルタル